室運営方針

>

会務室 室長 大西 幸周

Executive Director  Onishi Yukichika

皆様のおかげをもちまして2017年、私ども町田青年会議所は50周年を迎えました。51年目となる2018年度の会務室は、次の5年、10年、そして50年の青年会議所運動に向けての基盤づくりに注力したく存じます。

町田青年会議所ウェブサーバのリプレイスに伴う議案書配信システムのリプレイス、50周年関係の映像資料や写真資料で満載になった事務局ファイルサーバの空き容量対策など、具体的な課題を総務委員会と一緒に解決していくことが、将来の会の飛躍に資するものと確信して少しずつ歩みを進めてまいります。

また毎年のことですが、会務室はコンプライアンスを重んじた会の運営を求められております。円滑な会議運営や厳格な予算執行の管理により、内外どちらからも会への信頼を勝ち得てまいりたく存じます。この信頼こそが、2018年度における本会最大のテーマ「仲間づくり」に欠かせないものであると考えております。この一年間「明るい豊かな社会」の実現に向け、会務室の運営に邁進致します。

 

 

未来創造室 室長 廣田 智也

Executive Director  Hirota Tomoya

「素晴らしい町田の未来を想像して動こう」をスローガンとする経済まちづくり委員会、「子どもたちの未来のために今行動せよ」をスローガンとする青少年育成委員会、この2委員会から成る未来創造室は、本年度のスローガンである「新たな未来を切り拓く~今、この仲間たちとともに~」をまさに実現するべく設けられた組織といえよう。

本年度スローガンの「未来」を切り拓くために、両委員会ではどのような「未来」を描くのか、その「未来」を実現するためにはどのような方法があるのか、それぞれの委員会が定めた目的及びこれに基づく方針を基に更に具体的に考え、委員会内でそれを十全に共有しなければその実現は難しい。そして、未来創造室として「未来」を切り拓くためには、両委員会間で情報を交換し、共通認識を得ることも不可欠である。

しかし、残念ながら、情報や理念の共有が過去の委員会内で十分になされていたかは疑問であり、情報の格差は各メンバー間での情熱の格差にも繋がる。これではスローガンの達成は難しい。室は、当青年会議所の円滑な運営が図れる様に、所属委員会間の調整を行うことが役割である。この基本的な役割を忠実に実践するべく、当室では、所属メンバー間や委員会間での情報や理念の共有を徹底したい。これこそが「未来」を切り拓く上で重要なことと信じるからである。

 

拡大室 室長 浮海 智也 

Executive Director  Ukigai Tomoya

町田青年会議所が設立されて51年、私達の暮らすこの町田は急速な成長を遂げて参りました。首都圏や行楽地への交通の便利さや、居住環境の良さ、また、東京の南端に位置する地理的特徴から、市内のみならず近圏の経済的な中心地ともいえる、商業圏を形成しています。

私は、地域に魅力が有るからこそ、そこに人が集まるのだと思っています。多様な人々が行き交い発展してきた町田には、新興地域であるがゆえに、古い風習などに囚われない新しい文化を創出する多くの可能性が秘められています。

この魅力と可能性にあふれる町田は、私達JAYCEEの持つ勇気と情熱で、更なる進化をさせる事が出来ます。この運動を地域に深く根付かせる事こそ、町田の未来を創造する事ではないでしょうか。

当室では、私達の創る魅力ある運動を多くの市民に知ってもらい、賛同者を増やす。そして共に活動したいと思う仲間が増える。この一連の流れの確立を図って参ります。「広報」と「拡大」という両翼を連携させる事を運営方針とし、多くの市民を巻き込む事に注力して参ります。

最後に、この重責を担う両委員会が、その力を存分に発揮できるよう支えて行くと共に、会全体との協調を図りつつ理想の実現に邁進して参ります。

 

人材育成室 室長 中谷 健 

Executive Director  Nakatani Takeshi

本年、アカデミー研修委員会を担当致します人材育成室室長を拝命しました中谷健です。

51年目のスタートを切る一般社団法人町田青年会議所ではありますが、現在会員の約半数近くが在籍年数3年未満という状態です。 経験の浅い会員の多い中ではありますが、人生最後の学び舎とも言われる青年会議所は奉仕・修練・友情の三信条のもと、様々な経験や役職を重ね学びを得ることで、社会に求められるリーダーシップを獲得することができるものであります。 それは会員同士が、真剣に議論を交わし、そして力を合わせ例会や事業を構築し開催していくからです。

運動の継続、そして発展のため会員拡大を町田青年会議所一丸となって尽力するとともに、入会いただいた会員が積極的に参加し友情を深め、そして今後の町田青年会議所において活躍をできる環境や意識づくりに尽力致します。私が2001年に入会し、諸先輩方に今までに経験させて頂いた学びや伝統を現在のメンバーに伝え、これからの町田青年会議所、そしてこの町田のまちの今後の50年の未来という未知の可能性を切り開ける人材の育成に邁進を致します。